シンゴ旅日記インド編(その34)私と運転手との会話の巻

  • 地震について

私 『インドに地震はあるの?』         運転手  『あります。』

私 『火山が近くにあるの?』          運転手  『ないです。』

私 『火山がないのに、どうして地震が起きるの?』

運転手  『ダムです。ダムが余った水を流す時に地面が揺れるのです。』

 

  • 市営バスについて

私        『インドのバスはドアがなくて危ないよね。』

運転手  『ドアがないのは市内を走るバスだけです。長距離バスにはドアがあります。日本の市営バスの停留所の間隔はどれくらいですか?』

私        『近いところでは500メートルくらいかな。』

運転手  『インドもそうです。それなのにドアを開けたり閉めたりするのですか?車掌さんが毎回大変ですね。』

私        『ちゃんと油圧シリンダーで開閉するのだよ。運転手さんが一人でするんだよ。』

運転手  『乗ろうとしている人がいるに閉まったら危ないです。』

私        『ちゃんと乗ってから閉めるのだよ。』

運転手  『それにドアを閉めて走ったら、子供がタダで乗ることができなくなります。』

 

  • 観光地の入場料について

私        『外国人とインド人で20倍も料金が違うのはおかしいよね。』

運転手  『おかしくないですよ。外国人は一回しか行かないけど、インド人は何回も行くからです。』

 

  • ベジタリアンについて。

私        『ベジって、お肉を食べないから体が大きくならないのでは?』

運転手  『なんでですか。牛も、象も草食ですよ。』

 

  • 次はホテルのボーイさんです。

ボーイ    『Coffee or tea?』

私 『Tea WITH MILK, please』

そしてteaが運ばれて来てボーイさんが聞きます。

ボーイ    『with milk?』

私 『Yes』(注文する時に言ったのに)

ボーイさんがミルクポットを部屋の隅のテーブルに取りに行き、それが空だったのでキッチンに取りに歩いて行きました。

丹羽慎吾

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
+3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo