詩~空の球面

空の球面

氷河の底が
光を湛えているだろう
碧色に盛り上がり
ねじ曲がる
怒りと呼ぶには
済みすぎた魂

氷河に続く氷の原は
どこまでも平らに見え
人がたったひとり
橇を牽いて歩いて行く
その人がこちらを向き
微笑んでいるらしい不思議

氷の根が密かにきしり
ひたひたと
沈みつつある私たち
ごくゆっくり
ならば甘い
滅びに至るという思い

夜明け近く
球体のこちら側
うす赤く
街の明かりを滲ませて
空の球面が
裸木の林に被さって来る

氷の原を歩く人に
遠くから
手を振りながら
ひとつずつ
微笑みが裏返り
水が膨らむ

荻悦子(おぎ・えつこ)
1948年、新宮市熊野川町生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業。お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了。作品集に『時の娘』(七月堂/1983年)、『前夜祭』(林道舎/1986年)、『迷彩』(花神社/1990年)、『流体』(思潮社/1997年)、『影と水音』(思潮社/2012年)、横浜詩人会賞選考委員(2012年、16年)、現在、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、横浜詩人会会員。三田文学会会員。神奈川県在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo