詩~「薔薇の谷」



薔薇の谷

 

ひそかに
父の椅子を外して
始まった秋
大きな実がはじけ
鳥が群がる

あらゆる方角で
歓声ばかりが大きく
熟れすぎてか
熟れないままでか
実はみずから
あらわに皮を剥ぐ

どこから取りつくにしても
やがて
寂しい芯
いつまでも
胃を刺す黒い種

垂れた犬の耳が
鳥たちの落ちる地点を予測し
切り石の縁が
光を刃のように尖らせる
その下に眠る人たち
震える葉むら

薔薇の谷

風の慰撫は素早い

荻悦子(おぎ・えつこ)
1948年、新宮市熊野川町生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業。お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了。作品集に『時の娘』(七月堂/1983年)、『前夜祭』(林道舎/1986年)、『迷彩』(花神社/1990年)、『流体』(思潮社/1997年)、『影と水音』(思潮社/2012年)、横浜詩人会賞選考委員(2012年、16年)、現在、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、横浜詩人会会員。三田文学会会員。神奈川県在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo