映画「はちどり」(韓国2019年)を観てのツブヤキ その4。

作品リスト:順不同、ジャンル不同です。※「」は邦題、()内の数字は日本公開年です。

「パラサイト 半地下の家族」(2019)、「1987、ある闘いの真実」(2018)、「タクシー運転手 約束は海を越えて」(2017)、「ペパーミント・キャンディー」(1999)、

「テロ・ライブ」(2015)、「シュリ」(2000)、「JSA」(2011)、「ベルリンファイル」(2013)、「黒金星」(2018)、「22年目の記憶」(2014)、「レッドファミリー」(2013)、「密偵」(2016)、

「アシュラ」(2016)、「犯罪都市」(2018)、「アンダー・ザ・ドック(二人の男)」(2016)、
「悪女」(2018)、「オールドボーイ」(2003)、「チェイサー」(2009)、「殺人者の記憶法」(2017)、「新感染」(2017)、「グエル漢江の怪物」(2006)、
「コクソン哭声」(2017)、

「グッバイシングル」(2016)、「ラッキーLuck-Key」(2017)、「母なる証明」(2019)、「国際市場であいましょう」(2015)、

以下は変化球的な作品です。
韓国製作の作品では無いものもありますが韓国の「カケラ」が見られるかも~。

「オクジョ」(2017)、「シンクロナイズドモンスター」(2016)、「スノーピアサー」(2017)、「ある優しい殺人者の記憶」(2014)←日本人監督のワンカメラ的な作品です。

それではまた~。

映画「はちどり」(韓国2019年)を観てのツブヤキは、

以上です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo