手拭いの暖簾(31)立山

コロナ禍のGo Toトラベルで立山に行かれたお稽古のお仲間。お土産にと2枚の手拭いを届けて下さったのです。

山の手拭い、「オコジョの衣替え」 と 「バードウオッチングバード」。

オコジョは夏と冬の二つの季節がエメラルドグリーンの鮮やかな色をバックに染められていています。

何匹もの可愛い目がこちらを向いていてとても愛らしい!

ライチョウは冬支度。雪の中に保護色の真っ白ではどうして見つけるのでしょう? 赤い小さな目を双眼鏡で目を凝らして見つけるのでしょうか? 実際に出会ったことのある人は本当に可愛かったと今なおほんわかとした顔で話してくださいます。いつか出会いたいものです。

手拭いの暖簾については一度もその方とは話題になったことがないのです。

でも心には止めて頂いていたのでしょう。暖簾だから色のバランスは悪いけれど2枚にしましたと。そのお積りだと思って早速に上下ミシンを掛けて吊りました。気持ちが通じ合ってとても喜んで下さいました。

手ぬぐいの取り持ちでなお一層二人のお付き合いが深くなりました。とても嬉しいことです。

この気持ちと手拭いを大切にしたいと思います。

AZ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo