手拭いの暖簾(15)花火

夏の風物詩、花火。

コロナの影響で今夏(2020・令2)は残念ながら全国的に中止されました。その代わりに全国124地点で日時を公表せずに打ち上げられることになっていました。

中野島は7月25日8時。ドーンというものすごい音にびっくり!

打ち上げは例年の調布から少し登戸寄りでまさしくハイムの正面です。雨上がりの空の上半分は雲のヴェールが掛かっていてほんわりと優しく、下は色鮮やかな美しくも豪華な花火。見たことのない新作もありました。ほんの10分でしたがコロナ禍や長く続いた梅雨の鬱陶しさを跳ね返すような花火師さんの心意気を感じました。

 

花火といえば 放浪の画家-山下清 その絵はがきをフランス額装で額縁に入れました。
上の方のオレンジや黄色は模型用の砂を散りばめてあります。花火の雰囲気が出ているでしょうか!

AZ

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo