福澤諭吉作と言われる「脱亜論」考

「脱亜論」は、新聞「時事新報」紙上に1885年(明治18年)3月16日に掲載された。巷間、福澤諭吉が述べた論説と流布されているが、その確証はなく、原文は無署名の社説である。

ただ、福澤が執筆したとみる向きも少なくなく、例えば丸山眞男は、著作「福沢諭吉の哲学」において、福澤が支援していた金玉均ら朝鮮開化派による甲申(こうしん)事変(*注)が不成功に終わったことへの失望感と、日本、清国政府、李氏政権がそれぞれの立場から甲申事変の結果を傍観、利用したことに対する焦立ちがあり、「脱亜論」はこうした福澤の挫折感と憤激の爆発として読まれなければならないと説明している。

さて、「脱亜論」は、現代にも相通ずる近隣諸国との関係と日本の取るべき立場をどのように論じているのか、その論旨を読みとってみたい。

第一段落

交通手段の発達による西洋文明の伝播を麻疹(伝染病)のようなものと表現している。それに対し、これを防ぐのではなく、むしろその流行を助け、国民にその気風に慣れさせることこそが重要であると唱えている。日本は文明化を積極的に受け入れ、古い上着を脱ぎ、アジアの中で新しい機軸を出して、アジア的価値観から抜け出した、つまり脱亜を果たした唯一の国だと評する立場を明らかにしている。

第二段落

「不幸なるは近隣に国あり」として、支那(清)と朝鮮(李氏朝鮮)を挙げ、両者が近代化を拒否して儒教など旧態依然とした体制にのみ汲々とする点を指摘している。さらに、近代文明や国際法について知りながら、それでも過去に拘り続ける支那・朝鮮の精神は千年前と違わず、この近代文明のパワーゲームの時代に教育といえば儒教を言い、しかもそれは表面だけの知識であって、現実面では科学的真理を軽んじる態度ばかりか、道徳的な退廃をももたらしており、たとえば国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない、このままでは支那・朝鮮が独立を維持することは不可能であると断じている。

その上で、このままでは西洋人は清・朝鮮両国と日本を同一視してしまうだろう、間接的ではあるが外交に支障が少なからず出ている事は日本にとって一大不幸であると危惧を表明している。そして、東アジアの悪友(清・朝鮮両国)とは、ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならず、この二国に対しても国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよいと主張する。悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。自分は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである、と結んでいる。

以上が論旨であるが、中国、韓国の学者や有識者からは、「脱亜論」は「アジア蔑視および侵略肯定論」であり、執筆者と目される福澤は侵略主義者として批判的に取り上げられていることが少なくない。

しかし、上述の論旨をたどってみれば、徒に偏狭なナショナリズムを煽っているものでもなければ、アジア蔑視などでないことがよく理解できる。

そしてなによりも、当時の世界情勢をよく見る必要がある。日本はアジアでいち早く近代文明を取り入れ、近代国家の体制を作り上げた。それだから中国、朝鮮を支配していいなどと言っているわけでは勿論なく、むしろ西洋列強が植民地化を進めようとする野望が渦巻く苛烈な国際情勢下で、ひとり先に文明開化した日本がその独立を全うするためには、旧態依然と守旧に囚われ続ける中国、朝鮮とは袂を分かたなければならないと主張をしている。それが脱亜論の本質ではなかっただろうか。

表面的には差別的と受け取られそうな表現があったとしても、それはこの論の本質ではなく、決して優越心や差別意識に根ざすものでもなく、この時代であればこその批判にすぎなかったと受け止めるべきである。

これを踏まえると、当時の時事的な特殊性を除いて考えても、「脱亜論」の精神は、文明の未開、半開の国々は西洋文明を取り入れて自から近代化していくべきとの『文明論之概略』における福澤の主張に通ずるものがあると考える。やはりこの書は福澤の手によるものであったのだろう。 (了)

(*注) 1884年12月4日朝鮮で起こったクーデター

風戸俊城


0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo