英国探訪(その11)続々イングリッシュ・ブレックファースト

英国でプディング pudding と称される食べ物は実に多種多様で、ひとくくりにできません。

英国ではデザート全般を pudding と呼びます。しかし、アイスクリームは pudding ではありませんが、コースの最後に、pudding の一部として供されます。

その他にも英国には pudding の名前がついた食べ物がたくさんあります。

写真の順番に、それぞれ(左上→左下→右上→右中→右下の順)の pudding の名称は次の通りです。

1. Rice Pudding
2. Christmas Pudding (or Plum Pudding)
3. Yorkshire Pudding
4. Black Pudding
5. Suet Pudding

4番の Black Pudding は2015年12月にイギリス旅行したときに朝食に出てきて、これは何かと思ったものです。実は豚の血を固めたもので、ヘンリー8世の大好物だったのだとか。5番の suet とは豚脂のことです。

日本語のプリンは英語でプディングというのはよく知られています。しかし、日本でカスタード・プリンと知られるお菓子は通常、 Custard Cake あるいは Caramel Custard と呼ばれるようです。カスタードは卵ベースでつくられますが、Blancmange ブラマンジュはスターチベースでつくられるお菓子です。

元々、pudding は古いフランス語とラテン語でソーセージを意味することから、英国において pudding を冠する一部の食物の名称の元になっています。

 

風戸 俊城


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo