コッツウォルズの歩き方⑱チッピング・カムデン

ストウオンザウオルドから約15km北にあるチッピングカムデンは、かって羊毛のマーケットタウンとして栄えた村で、ハイストリートには羊毛産業で富を築いた豪商たちが黄金期とされる16世紀から17世紀に建造したライムストーンの家々が軒を連ねる。

町の中心近くにマーケットがある。長年の風雪にさらされてか建物は傾いているが、その姿がかえって昔日の繁栄を物語っているようにも見える。

偶然飛び込んだ店で何気なく見ているうちに、妻の目がらんらんと輝き始めた。これまた趣味のひとつであるデンマーク刺繍に使うリネンの生地が日本の半額以下で売られているそうだ。私にはまったくわからないが、妻は安く変えた満足感に喜びを隠しきれない様子だ。

お土産や海外だから買うという特別の買い物ではなく、自分の普段の生活の中で使用するものを格安で手に入れられることも、旅の間の楽しみのひとつかもしれない。これが出来たときの喜びは大きく金額の多寡に関わらず満足感に満たされるということがわかった。

陽はまだまだ高く、時間は十分にある。次の目的地であるヒドコートマナーガーデンに向かう。

~つづく~

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo