初めて本場のPUBの扉を開ける。店内は結構混んでいたが、夕食には少し早いのか皆ビールを飲んでいる。入り口で立ち止まって少し様子を見たが、誰も案内には来ない。レストランとは違うのでさもありなんと思う。

空いているテーブルについたが誰も注文を取りにこない。また様子を見る。やはりガイドブックで読んだ通りだ。カウンターまで行ってまず現地のビールを1パイントずつオーダーし、テーブルに持って帰って飲む。

さて料理はどうやって注文するのか。聞いてみると、食事ならこちらへどうぞと奥の部屋へと案内された。そこはレストランとなっておりこちらにはちゃんとウエイトレスが注文を取りに来た。このPUBはPUBスペースとレストランスペースをわけているのだ。納得してオーダーにかかる。

イギリスで初めてのディナーは、私はビーフステーキ、妻は無難だろうということでサーモンにするという。期待と不安で味わったステーキは予想通り堅く、サーモンは味がなかった。「がっかり」というよりは、「やっぱり」という感じ。ビールだけが妙に美味しかった。

会計はしめて20ポンドほど。2ポンドのチップを足して支払いをすませてPUBを出る。「イギリスでは食事に期待は禁物」と最初から聞いた上でのことだったが、もし知らずにあの食事をしていたら、宿への帰り道で夫婦喧嘩になっていたかもしれない。やっぱりインド料理にした方がよかったかな。

宿に戻ったあと早々とバスに身を委ねると、急に眠気が襲ってきて二人ともまもなく(多分9時頃-外はまだ明るかった)眠ってしまった。

翌朝は早く目が覚めて朝食までの時間(7時から)をもてあました。時間が来てやっと朝食にありつく。

フル・イングリッシュ・ブレックファストは、たっぷり量があり普段朝はあまり食べない私には重過ぎるくらいだ。オレンジジュース、紅茶、薄く切ったトースト、ベーコン、卵、いためたトマト、ソーセージ、グレープフルーツそれに欲しければコーンフレーク・・・イギリス人は、毎朝同じものをしかもこんな量を食べているのだろうか。この時ばかりは、我が家で毎日バラエテイに富んだ朝食を供してくれる妻に感謝した。

宿に置いてあるゲストブックを覗いてみた。いろいろなところから訪れているのがわかる。イギリス国内からも結構多い。コッツウォルズはイギリス人の憧れの地方で、現役を引退した裕福な人たちが住みたいと思うところだそうだ。日本人のサインもあった。記念にと私も書き込む。

豪華なホテルを望んでいるわけではない我々にとって、ここでの宿泊はまずまずの満足度であった。精算(ツインルームで50ポンド。一人当たり5000円)を済ませ部屋で少し休んだら2日目の出発だ。聞くとストラッドフォードへは車で20分程で行けるという。

~つづく~

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
5+