1999年に、自ら企画、実行したイギリス自由旅行記「コッツウォルズの歩き方」を掲載しましたが、実はこの旅行についてのいくつかのエピソードや感想があります。随分と昔の話で恐縮ですが、書きためたものをいくつか紹介していきます。
————————
偶然見つけたアンティークショップ
2日目の朝、BroadwayのB&Bを出てストラットフォードへ向かってB4632を北上する途中、「BARN Antiques Centre」という看板が目に入った。「Center」の「er」の部分が「re」となっているのがいかにも英国らしいと思いながら立ち寄ってみることにした。

驚いたことに、広さが約1000坪もあり、アンティークショップというより大倉庫といった感じだ。店内には、陶磁器、シルバーウェア、家具、調度品など興味深い品物がところ狭しと並んでいる。ひとつひとつ細かく見ているうちにあっという間に3時間が過ぎてしまった。ディスプレイキャビネットのいいのがあったが持って帰れないので諦めて小さいものを数点買って店を後にした。

偶然見つけたアンティークショップだったが、今回の旅の目的の一つである「アンティーク」についてはこれで目標達成だ。先に書いたコッツウォルズでは掘り出し物は見つけられなかったが、ロンドンに戻ってからはもうアンティークショップに行かなくてもいいくらいの大満足気分であった。

やがて、ストラットフォードに着き、ガソリンスタンドで給油する。イギリスではどこのPS(=Petro Station)でもセルフサービスのようだ。日本でもやったことがなかったが、何とか問題なく済ませて、アンハサウェイ・コテージに向かう。

Anne Hathaway’s Cottage と Shakespeare’s Birth Place の見物が終わったら今夜の宿を決めなければならない。どこにしようかと思案していると、妻が今朝見つけたディスプレイキャビネットのことを言い出した。どうも、いつまでも頭から離れないらしい。たしかに、以前、日本のデパートで見た同様の品物と比べてみると価格は10分の1くらいのようだ。

てんびん座生まれの妻は、一度迷いだすといつまでも迷い続ける性格なのだ。よし!ここはひとつ男気を出してと、はたまた予定変更して今朝のアンティークショップへ取って返すことに・・・。閉店時間も迫っているので車を飛ばす。(自由旅行のいいところ?冒険?)

閉店ぎりぎりで BARN Antiques に戻ることができたので、頭の中で考えていた質問を次々繰り出した。日本までキャビネットを輸送した場合の船運賃はいくらか?その他輸出手続き等の手数料は?と見積もりを依頼した。店の担当者は、すぐに業者に問い合わせてくれたが、返事がなかなか来ない。いらいらしながら暫く待たされたが、結局は購入することに決定!日本への到着は、2ヶ月後とのこと。

さて、これで心のわだかまりも取れ、スッキリした気分で再びストラットフォードへ向かう。何だか大仕事をやったような、してやったりの気分で鼻歌も出そうだ。まもなくストラットフォード・アポン・エイボンに入る。

しばらく行くと、道端にB&Bの看板(Willicote House)を見つけたので部屋を見せてもらう。レンガ造りの古い落ち着きのある建物で、ゆったりとしたツインルームが40ポンドというので、今夜の宿はここに決定!飛び込みの宿泊となった。自由の旅は今のところ順調だ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
5+