荻悦子詩集「時の娘」より「石化」

石化

 

木の葉や枝の切れ端
昆虫を抱いて埋もれた

地層深い鉱床を浸し圧したものの質と量
単に闇や時間としか呼べないのは不本意だった

樹脂から石に変えられえる過程を
克明に脳裡に刻んだ 刻んだつもりだ

虫の遺骸を閉じ込めたまま
透明な石として眠った

かすかな地上の記憶のように
眠りの中を時おりよぎった不安?

ふいに岩塊から引き剥がされる
白炎に投げ出されながら

さらに鋭利な刃が振りおろされる瞬間を
予感できないのだった

荻悦子(おぎ・えつこ)
1948年、新宮市熊野川町生まれ。東京女子大学文理学部史学科卒業。お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了。作品集に『時の娘』(七月堂/1983年)、『前夜祭』(林道舎/1986年)、『迷彩』(花神社/1990年)、『流体』(思潮社/1997年)、『影と水音』(思潮社/2012年)、横浜詩人会賞選考委員(2012年、16年)、現在、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、横浜詩人会会員。三田文学会会員。神奈川県在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo