シニアでこそのデジタルライフ15~カレンダー

現役の頃、手帳は必須アイテムだった。仕事の予定、客先とのアポイント、出張スケジュールに始まり、プライベートな情報までありとあらゆることを書きこんでいた。勤めていた会社が毎年発行する1冊の手帳に、その年の行動の記録がつぶさに記録されていった。一部が今でも残っており、見ると何年も前の一年間の行動が見て取れる。日記とまではいかないがそれに近い存在だったかもしれない。

退職して以降は、手帳を持ち歩かなくなった。人と会うことも激減したし、会っても書き留めておくべきこともなくなった。日常出かけることも少なくなり、コンスタントにしていることがなければ手帳は無用のものだろう。少しの予定なら部屋の壁に掛けてあるカレンダーで充分である。

今思えば、手帳は必要なことを書き留めるためのツールであったが、それ以上にカレンダーの役割が大きかった。今は、別の意味で手帳がまた必要な暮らしになっているが、これはカレンダー以外の用途なので普通のノートで事足りる。ただカレンダーもついていた方が便利なので時々娘に頼んでどこかから調達してもらっている。

さて、カレンダーは今、デジタルカレンダーの利用に代わった。今私が利用しているのは「ジョルテ」というアプリだが、予定を書き込んでおくとそれらはクラウドに保存される。勿論自分のアカウント内であるからパスワードでの利用となる。データがクラウドにあるので、スマホがあれば何時どこからでも利用できる。

毎月の通院予定、仕事の予定、友人との会食予定、予定のランチメニュー名、各種イベント、ハイムのひろばつくる会の予定など、どちらかというと壁掛けのカレンダーよりもよく利用している。

同様に、Googleの提供するカレンダーも非常に便利で人気がある。Googelカレンダーは、Androidスマホであれば、最初から導入されているのでインストールの必要はない。パソコンでもGoogle Cromeブラウザで同じものが利用出来ておすすめだ。

サミットでもらえるカレンダー(実は私も使用中)で十分な方にはこれ以上申し上げる必要なありませんが、忙しくて予定の書き込みの多い人には便利ですよ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo