オランダ点描(12)美術館

ヨーロッパにはそれぞれの国を代表する立派な美術館がいくつもあります。オランダの絵画と言えば16・17世紀のフランドル絵画から始まりレンブラント・フェルメール・ブリューゲル・ハルスさらにゴッホ等々そうそうたる画家を輩出しています。それらの作品に出合うにはやはりアムステルダムの国立美術館(写真左)、ロッテルダムのボイマンス美術館、さらにはデンハーグのマウリッツハウスがお勧めです。特にゴッホがお好きな方にはアムステルダムのゴッホ美術館と、少し遠いがアペルドーンのクレーラーミュラー美術館は如何でしょう。
旅行者としては滞在時間の制約があったりして、それらの美術館をいくつも見て回ることはちょっと大変ですね。しかし、住んでいる者にとって美術館はとても身近で便利な所なところでもあるのです。しかも、1年間有効のミュージアムイヤーカードという利用カードを買えば(大人45ギルダー。子供、老人割引あり)、特別の企画展などを除き、殆どの美術館・博物館などに何度でも好きなだけは入れます。注)

大体、4-5か所を見れば、それでカード代の元が取れてしまう計算です。それならば、旅行者にとっても、2-3日滞在できるなら、このカードを最初から買っておいた方が、後々便利です。
さらに、このカードのもう一つの有難い点は、多少不謹慎かもしれませんが、トイレを自由に使えることです。外出先で急にトイレに行きたくなった時、なかなか見つからず困ったことはこれまでにありませんでしたか?ちょいとレストランでトイレだけ貸してもらう?それとも駅まで我慢する?しかも、殆ど無料ではありません。オランダも街なかには公衆トイレなるものは殆どなく、そんな時大変困ります。でも、その時の強い味方がこのカードなのです。大小合わせるとたくさんの美術館・博物館などがあり、見つかった手近のところに飛び込めば、芸術鑑賞も出来、身も心も晴れ晴れとするでしょう。いや、まったくおかしな効用があるものです。私は一度それを経験してからというもの、期限が来ればほとんど自動的に新しいカードを作るようにしています。

 

注)45ギルダーというのは、1995・6年当時のカードの料金です。当時1ギルダーは     50-55円くらい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
+8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo

前の記事

詩~冬の市