「宮沢賢治」人気の秘密 (1)

はじめに

宮沢賢治について調べてみるきっかけになったのは2003年3月、岩手県の花巻への旅であった。賢治の足跡をたどるうちに、彼の生き方に興味を持った。賢治について調べれば調べるほど、大いに共感を覚えた。賢治が亡くなって既に75年が経過したが、彼の人気は衰えるどころか、むしろ高まりつつあると言ってもよい。

例えば「絵で読む 宮沢賢治展 - 賢治と絵本原画の世界」が、2008年7月から11月にかけ岩手、神奈川、山形、静岡、新潟、山形、東京、兵庫、埼玉(開催順)で開催されたが、大変な賑わいであった。私は、8月12日から21日まで、東京の日本橋三越本店新館ギャラリーに見に行ったが、あまりの混雑ぶりに、作品に近づくのも難しいありさま。

また、この原稿を書くにあたり、昨年(2008)10月に、花巻市郊外の花巻農業高校内にある「賢治の家(羅須地人会(ルビらすちじんかい))を訪ねたが、平日にもかかわらず、タクシー数台で観光客が押しかけているのにも、驚いた。この地で、農文協と関係のある方に偶然出会った。しばしば農文協の雑誌「現代農業」に書かれている伊藤正男さんである。伊藤さんは、花巻で新しい農業のあり方を提唱されている方。伊藤さんから、「なんで、こんなに宮沢賢治は人気があるのですかねえ」との質問をされた。私は、いろいろなことが頭を駆け巡ったが、答えに窮した。この伊藤さんの素朴な問いに対して、私なりの回答を整理してみようと思った。

 

  • 「雨ニモマケズ」に投影された賢治の生涯

花巻市の郊外、下根子(ルビ しもねこ)は宮澤家の別荘があった場所である。彼が羅須地人協会を設立し、人生において重大な事件が数多く発生した場所でもある。今では、高村光太郎の筆により、あの有名な「雨ニモマケズ」の詩が石碑として残されているばかりである。

宮澤賢治の名前を知らぬ人は、いるまい。中でも「雨ニモマケズ」で始まる詩は、多くの日本人の心を打つものである。原文は、賢治が結核で病の床にあった時に、手帳に書かれたものであり、彼の死後発見された。決して達筆ではない賢治が書いた詩を、本人にとっては不本意かも知れぬが、現代仮名遣いで、カタカナの部分を漢字に改めて以下に記す。

 

雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫な体を持ち

欲は無く

決して嗔(ルビいか)らず

いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と

味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを

自分を勘定に入れずに

良く見聞きし分かり

そして忘れず

野原の松の林の陰の

小さな萱(ルビかや)ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば

行って看病してやり

西に疲れた母あれば

行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば

行って怖がらなくてもいいと言い

北に喧嘩や訴訟があれば

つまらないからやめろと言い

日照りの時は涙を流し

(手帳には、「ヒドリノトキハ」とあるが、「ヒデリ」の書き間違えとの説が有力)

寒さの夏はオロオロ歩き

皆にデクノボーと呼ばれ

苦にもされず

そういう者に

私はなりたい

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo