英国探訪5 ロンドン塔の衛兵――ヨーメンウォーダーズとは

ロンドン塔に関する文献を読んでいて、「ヨーメンウォーダーズ」なるカタカナ語がでてきてさっぱり意味が分からない。

いろいろと調べた挙句、ようやく分かりました。Yeomen Warders と書きます。彼らの服装の色とデザインは独特で目を引きます(写真を参照)。

ヨーメンウォーダーズは、ロンドン塔の衛兵のこと。彼らは別名、Beefeater と呼ばれており、そう聞けば名前は知っていました。なぜなら、お酒のジンの有名な銘柄ですから。

ロンドン塔ではカラスが飼われています。しかし普通のカラス(Crow クロウ)ではなくて、Raven (レイヴェン)――日本名でワタリガラス、と呼ばれ、通常のカラスよりずっと大きな体形をしています。

レイヴェンは、塔と英国の守護神としてとても大切にされており、この世話には、Raven Master (レィヴェンマスター)と呼ばれる専任の衛士があたっています。

 

風戸 俊城


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo