コッツウォルズの歩き方⑧ロンドンの地下鉄&バス

ロンドン中心部を移動するのに一番速くて便利なのは地下鉄(Underground、通称Tube)だ。05:30から24:00まで(日曜と祭日は07:30~23:30)数分毎に運行している。

切符は駅の窓口か自動販売機で買えて日本と同じ。料金はゾーンの区分けによって決まっており、同じゾーン内の駅へは基本料金、横切るゾーンの数が多くなるほどそれだけ高くなる。目指す駅までに横切るゾーンの数に応じた料金のキップを買うよう注意が必要である。

正しい料金のキップを持っていないと10ポンド(約2,000円)の罰金を取られる。ほとんどの駅が自動改札になっており、これも日本と変わりない。喫煙は地下鉄の車両内及び駅構内では全面的に禁止である。☆車両から車両への通り抜けは厳禁! 違反すると罰金。

バス

ロンドンに来れば誰もが一度は乗ってみたいのが2階建てバスだ。ロンドンの名所を通過してゆく路線がたくさんあり、地下鉄ほど混んでいることはまれである。それに、ロンドン中心部を何度も乗り降りしながら観光やショッピングするのに適している。

バス料金も地下鉄と同様にゾーン制となっている。ほとんどの路線のバスでは、乗車時に運転手に料金を払ったり、トラベルカードを見せたりするが、車掌が来たときにキップを買ったりトラベルカードを見せたりするバスもある。

1階建てのレッド・アロー・バスが走っている路線(501、505、507、521)では、乗車口の料金挿入口に料金を入れるようになっているので、あらかじめ正しい料金を用意しておいたほうがよい。停留所には、表示が白地になっているものと赤地になっているものと2種類ある。前者は、バスは満員でなければ必ず停まるが、後者は手を挙げて合図しなければ停まらない。

各停留所で停まるバスの路線番号は、表示板に書かれており、時刻表にはそのバスが通っていく場所名が書いてある。早朝から24時頃まで頻繁に運行しており、一部の路線(番号にが付いた路線)では夜間もバスを走らせている。喫煙はバス内では全面的に禁止である。

7月2日にヒースロー空港でレンタカーを返した後の足は、もっぱら地下鉄とバスを利用するつもりである。バスと地下鉄乗り放題の便利なカードは以下の2種類を買うことにする。これはお勧めだ。

ワンデー・トラベルカード    一日乗り放題で、£4.50(1~6ゾーン)

ウィークデー・トラベルカード  ウィークデー乗り放題で、£6.70(1~6ゾーン)

~つづく~


コッツウォルズの歩き方⑧ロンドンの地下鉄&バス” に対して2件のコメントがあります。

  1. AY より:

    現在は、オイスターカード(Oyster Card)というICカードが、ちょうど日本のスイカやパスモと同じような使い勝手で便利です。もちろん地下鉄でもバスでも使えます。

  2. t_nishi より:

    AYさん、オイスターカード(Oyster Card)の紹介ありがとうございます。20年前の話なのできっとこういうことがあると予測して、前もってお断りしましたが、まさに待っていた情報です。

    今後とも、今の時代にそぐわない話が出てくるかもしれませんので、その節は、新し情報を教えてください。そして、ご覧いただく方は、”情報”としてではなく”物語”としてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo