フランス生まれのスポーツ=ペタンク

皆さんペタンク(Petanque)と言うスポーツをご存知でしょうか。私が50数年前に見たペタンクの風景は正に写真のような光景でした。パリの街角やちょっとした広場や公園の一角で、皆さん実に楽しそうにプレーしていた光景を思い出します。私も一度だけボールを握らせて頂いたことがあります。

ハイムの多摩川寄りにある下布田公園でもいつか見かけたことがあります。どうやら日本でも高齢者の軽いスポーツとして昨今大変良く知られているようです。

ところで果たしてこれはスポーツでしょうか。いささか疑問のあるところです。ところがビックリ!2024年のパリ・オリンピックの競技に採択されるかもしれないという話が耳に入りました。まさかとは思いますがね~

 そこでネットで少し調べてみました。このペタンクはフランス、中でも南仏プロヴァンス地方で1900年頃に生まれたとのこと。一説では1910年港町ラ・シオタ(La Ciotat)が発祥の地とも。両足をそろえて球を投げるという意味の言葉「ピエ・タンケ」(Pied-Tanque)からきている由です。最初のPiedはフランス語で「足」、あとの言葉はこの地方の方言「オック語」ではないかと思います。それにしてもこの看板にはゲームとか遊びとなっていてスポーツとは書いていません。

ヨーロッパを中心に今や世界の人気スポーツ、いや人気ゲームと言えます。ルールは簡単で氷上でないカーリングと言えば良いでしょうか。でも中なか奥深いものがあります。

昔は年寄りの時間つぶしの印象、でも時代も変わってオリンピックとは正直驚きです。

(この原稿のあとハイムの老人クラブの役員さんから情報を頂いたところ、ご近所はおろか多摩区、いや川崎市、更に神奈川県など広く地区予選や大会を開催していて相当に大きな競技人口のようです。ただハイムは少し横を向いているのか?静かだと。)


+4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo